ディズニーの四季を感じるブログ

ディズニー好きがお届けする、ディズニーへ行きたくなるブログ(を目指しています)

おひとりさまのインパーク:一体何をしているの?【前編】

スポンサーリンク

こんにちは!ディズニー大好き!ユミ(@yumi_DisneyLife)です。

このブログでは、おひとりさまディズニーについても紹介しています。
お一人さまディズニーについて、そのなかで皆様が疑問に思うことにこちらが挙がると思います。

一体何をして過ごしているの?

今回は、この疑問について、お一人さまのインパークで実際何をしているのか紹介しつつ答えたいと思います。

なぜ一人でディズニーへ行くように?

小さい頃〜20歳過ぎまでは家族や友達と2~3年に1回インしていました。やることはアトラクション巡りが主で、1日にいくつ乗れるか張り切って行動していましたね〜。 社会人になってしばらく経った頃、

ダッフィー

に出会います。

「可愛い!」

かーなーり、大人気ないですが、どうしてもダッフィーのぬいぐるみを買いたくて。
けれど一人でディズニーへ行くって恥ずかしいよね…。って気持ちもあり。

そこで私が情報を得る為に使ったのが Twitterでした。

以前作ったきり使っていなかったアカウントにログインし、リアルタイムの情報を得られないかと調べたのがTwitterを始めたきっかけです。
その頃はmixiもやっていましたが、情報がどんどん上がってる感じは無かったので、Twitterにしたらドンピシャリでした。
思った以上におひとりさまの情報があったのです。
そして、しばらくリサーチを続け、ダッフィーを買う為に初めてのおひとりさまインを決行したのが始まりです。

ただ、ダッフィーを買ってそれ以上何も出来なくて、しばらくフラフラ歩いて早々にアウトしてました。
まだ、おひとりさまに全く慣れてなく、むしろ抵抗感の方が強かったんです。大丈夫かなって。
そして、帰ってからチケット代や交通費をかけて行ったのにこれだけしか出来なかった事に妙な悔しさを感じて、Twitterで色んな方をフォローしてどう過ごしているのか調べました。
そして、おひとりさまは何をしているのか少しづつ過ごし方を理解していきます。

まず、アトラクションより、ショーやパレードやキャラクターグリーティングをメインに行動している という事でした。

その後何度か一人で足を運び、意を決して初めて一人でショー待ちしたときはいくら一人で来ている人もいると分かっていても、それでも精神的に結構厳しいものがありました。ですが、待った甲斐はもありました。
それに困った事にだんだん慣れちゃうんですね。
慣れると待っている間に人間観察出来るようになり、一人の方が思った以上にいることに気づいたり。

あわよくば、隣のおひとりの方とショーまで話して過ごしたこともありました。

ちょうどそのころ
ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ
がシーで開催されていて、大好きなダッフィーのショー見たさに頑張って待つことが出来るようにもなっていました。

そうすると、ひとりのラクさに気づき、更にショーパレードの面白さにのめり込み、月に1回はインするようになっていました。
この回数インパーク可能だしまだ飽きる事はないだろうと思い、思い切って年間パスポートを買ったのが始まりです。

おひとりさまの過ごし方が分かったからこそ、いま一人でこの回数イン出来るのだと思います。
ちょっと前置きが長くなってしまったので、次にもう1記事書かせていただきます。