ディズニーの四季を感じるブログ

ディズニー好きがお届けする、ディズニーへ行きたくなるブログ(を目指しています)

【TDR】日付指定券限定入園日って何ぞや?簡潔に説明します。

スポンサーリンク

こんにちは!ディズニー大好き!ユミ(@yumi_DisneyLife)です。

 

本日2016年10月1日(土)から東京ディズニーリゾート(以下:TDR)では

 

日付指定券限定入園日

 

なる制度が導入されます。

 

何それ⁉︎今日のパークチケット持っていないと入園出来ないの?

いきなり言われればびっくりしてしまいますよね。

 

今日はこちらの制度について説明したいと思います。

日付指定券限定入園日って何?

 

TDR公式HPに乗っている以下のカレンダーにマークされている日が該当します。

2016年は土日祝日が該当します。

 

そしてこの日には、オープン券での入園ができません

 

オープン券とは

 

入園日の指定がないチケットです。

ご自分でお持ちのチケットに入園日が記載されていなければオープン券です。

使用期限内であれば、カレンダーにマークのない日であれば原則いつでも入園可能です。

使用期限と入園日は別ですのでご注意ください。

 

オープン券は結婚式などの抽選でもらえる場合が多いと思います。

こういったところで貰った入園チケットに入園日が書かれていても困りますよね。

ですが、ディズニーの入園チケットって喜ばれますものね。

そういう時に使われているチケットがオープン券です。

 

オープン券で日付指定券限定入園日当日に入園するには

 

まず、行きたい日の前売り券が完売していなければ、現地窓口で当日券に引き換えることが可能です。(手数料がかかります)

前売り券の販売状況は以下のHPで確認ができます。

【公式】前売り券について|パークチケット|東京ディズニーリゾート

10月1日時点で今後前売り券が完売する可能性がある日

あくまで個人の予想です。責任は一切負いかねます。

10月8日(土)10月9日(日)

 

3連休の中日は特に混雑する傾向があります。

 

ですが、天候によってはこの限りではありません。

実際、9月18日(日)の東京ディズニーシー(以下:TDS)の前売り券が完売していましたがこの日に入園制限がかかることはありませんでした。

前日17日も含め天気が悪かったことが影響したと思われます。

 

他のチケットなら原則入園できる

 

事前に日付指定で購入したチケット、年間パスポート等は入園可能です。

両パーク共通年間パスポートや土日のスターライトパスポートの取り扱いは従来と変わりません。

入園制限中には共通年パスで入園出来ませんし、入園制限が3時以降も続けばスターライトパスポートの販売も遅れ・見合わせとなります。

 

現地で当日券の販売も通常通り行います

 

これがわかりづらいところですね。

事前に購入していなければ入れないのではありません。

現地でも通常通り当日券の販売は行います

入園制限さえなければいつも通りに窓口でチケットの購入ができます。

 

 

知ってさえいればさほど心配する必要はありません

 

これからもTDRをたっぷり楽しんでもらいたいものですね。