ディズニーの四季を感じるブログ

ディズニー好きがお届けする、ディズニーへ行きたくなるブログ(を目指しています)

今年もバナナ教(?)は健在!ミニーのトロピカルスプラッシュ2016徹底ガイド

スポンサーリンク

東京ディズニーシーでも夏のイベント 東京ディズニーシー ディズニーサマーフェスティバル2016が始まりました!

今年で4年目となるハーバーショー【ミニーのトロピカルスプラッシュ】ではおなじみとなった【あの振り付け】で初日から大盛り上がりでした!
公式HPでは【バナナダンス】の予告もしており、今年の本気度やみんなになじんだことが窺えますね。
そんなミニーのトロピカルスプラッシュの見どころや初めての方でもおおいに楽しめるずぶ濡れスポットなどをご紹介します。

ミニーのトロピカルスプラッシュ 徹底ガイド

ミニーのトロピカルスプラッシュとは?

2013年の夏に始まったショーです。
ディズニーシーの【ロストリバーデルタ】でミッキーたちが育てたフルーツの豊作をお祝いする散水ショーで、ミニーマウス、デイジーダック、クラリスがカーニバルクイーンとなりお祝いの場を盛り上げます。

ミニーのトロピカルスプラッシュ

ミニーのトロピカルスプラッシュ

  • 東京ディズニーシー
  • ポップ
  • provided courtesy of iTunes

 

去年からの変更点

ホセ・キャリオカ、パンチート初登場

フルーツの見張り番をしてくれた二人が今年初登場!前座として登場後、ショー後半ではバナナボートに乗りカーニバルを一緒にお祝いします。

f:id:yumiDLife:20160712103004j:plain

f:id:yumiDLife:20160712103036j:plain

ミニー・デイジー・クラリス衣装変更

今年の衣装も可愛らしいものになっています。

f:id:yumiDLife:20160712102805j:plain

f:id:yumiDLife:20160712102842j:plain

f:id:yumiDLife:20160712102921j:plain

音楽一部変更

ホセ・キャリオカ、パンチート登場の部分は去年まで東京ディズニーランド30周年テーマソング「ハピネス・イズ・ヒア」が流れていましたが、今年は東京ディズニーシー15周年テーマソング「When Your Heart Makes a Wish」を使用しながら二人の紹介がされています。

また、中盤のプロメテウス火山噴火後に新しい音楽が使われ、みんなで盛り上がるパートが追加されていました。

観賞場所

メディテレーニアンハーバー水域

ザンビーニブラザーズリストランテ前〜リドアイルまでは通路含めて散水しています。
ショー中に歩いているだけでいきなり水が降ってくることもありますので、ショー開催中に通路を通るときも気をつけましょう。油断しているとえげつない量の水をかぶってしまう可能性もあり得ます。

主な観賞場所の特色などもご紹介します。

ピアッツァ・トポリーノ(ミッキー広場)

比較的ライトユーザーが多い
ショー前半は、前から10列程が主に濡れる感じです。
中盤から後半にかけてはどこにいてもそれなりに濡れます。
また後半でミッキーマウスが登場!ショーを多いに盛り上げています。

リドアイル

このショーにおける聖地(?)
バナナダンス含めみんな踊ってる。一体感が半端ない場所
濡れる為に来ている人が多い。
ほぼ全域ずぶ濡れ覚悟が必要。
ミッキーマウスはミッキー広場へ向かうにあたってこの場所で下船するため、リドアイルの右側前列にいれば拝める。
またショー後半はドナルドダックが盛り上げてくれる。
最後にこの場所からグーフィーが乗船するため、ドナルドとの絡みも見ることができる。

ザンビーニブラザーズリストランテ前広場

ショーのはじめからかなり濡れる。ここもずぶ濡れ覚悟。
チップ、デール、グーフィーが下船する場所。
ちなみにこの場所に残るのはチップ
デールはバケーションパッケージ席付近、グーフィーはリドアイルとミッキー広場の間の通路へ移動します。

ちなみに、上記に書いてある通りとは限りません。
自分が思った以上に濡れた・濡れなかった等思う可能性があります。
最終判断はご自身で責任を持って行って下さい。当ブログでは責任を一切負いません。

ただ、濡れたいならトロピカルスプラッシュを選んで間違いないです。
みんなで盛り上がって暑い夏を満喫しましょう!

散水ショーにあれば安心な持ち物はこちらの記事をどうぞ!

www.sparklingtothesea.com

www.sparklingtothesea.com